安曇野ワイナリー

カテゴリー (畑)

ワイナリー便り

雨よけのとりつけ 2016:08:30:15:34:36

カベルネ・ソーヴィニョンとメルロに雨よけのビニールをとりつけました。

雨よけ.jpg

ブドウに雨が当たると病気の元であるカビなどが繁殖しやすくなります。

雨からブドウを守るための傘のようなものです。

収穫の時期はまだ未定ですが、それまで手を尽くして見守っていきたいと思います!

(栽培 竹田)

摘房 2016:08:04:08:23:50

畑にブドウが落ちていますが、驚かないでください。

ただいま摘房(てきぼう)という作業をしています。

摘房.jpg

収量を制限して、樹に残った房に栄養を集中させるためのものです。

摘房をすることで糖度が上がったり、赤ワイン用ブドウでは着色が良いと言われています。

もちろん減らした分だけ収量も減るので、落とす量の見極めが大切な作業になります。

(栽培 竹田)

ブドウの色づき 2016:07:29:17:47:03

赤ワイン用ブドウのメルロが色づいてきました!

DSC_1775.jpg

ブドウの粒も前回のワイナリー便りを掲載してから随分と大きくなりました。

緑色の粒の合間にピンク色に色づいた実がぽつぽつと見えます。

これから収穫する10月までの間で真っ黒に色づいていきます。

天候に左右されるところもありますが、良いブドウ、良いワインにできるよう作業を進めていきたいと思います!

(栽培 竹田)

成長途中 2016:06:28:08:44:12

ブドウの実が少しずつ大きくなってきました。

ブドウ 房.jpg

写真のブドウは緑色ですが、赤品種のメルロなので最終的には赤黒い実になります。

毎年のことではありますが日々変わるブドウの様子を見ているのは、何回見ても楽しいです!

(栽培 竹田)

雨上がり 2016:06:17:17:12:20

昨日からの雨は朝方に上がり、本日は晴天となりました。

雨上がりの朝に、畑を見回るとブドウの巻きひげに数珠つなぎの水滴がついていました。

雨上がり 2.jpg

キレイだなと思いたいところですが、作物にとって湿気が多いということは、カビによる病気の発生が多くなります。

なのでなるべく雨はさけたいところ。今年は少雨と言われてはいますが、梅雨は早く明けてほしいです。

(栽培 竹田)

梅雨空 2016:06:09:16:14:30

6月5日に関東甲信は梅雨入りとなりました。平年より3日ほど早いそうです。

今まで30度近くあった気温も少しは落ち着きそうですね。

梅雨空.jpg

水を吸ってブドウの新梢が一気に伸びています。

ついでに雑草も伸びるのが早い時期でもあります。

あっという間にブドウの樹がうもれてしまうので、この時期はこまめな草刈りが大切です。

(栽培 竹田)

前の6件 1  2  3  4  5  6